二重窓に出来ないことってあるの?

double_window
二重窓について少しでも知識のある方であれば、二重窓のイメージとして「万能の窓」というフレーズを思い浮かべてしまうのではないでしょうか。それはなぜかというと、二重窓は窓に求められるほとんどの効果、特徴を併せ持つことができるので、不備のない完璧な窓であるからです。しかし、ここで疑問が出てきてしまうのは、逆に二重窓に出来ないことってあるのだろうか?ということについてでしょう。世の中には完璧なものは存在しませんから、一見すると完璧なように見える二重窓についても実は出来ないことが存在している可能性があります。

二重窓に出来ないこと、このポイントについて深く掘り下げてみると、幾つかのデメリットを出すことはできます。まず一つ目のデメリットとして挙げられるのは、幅が広いということ。二重窓は窓を二重にして取り付けているわけですから、サッシの部分もかなりのスペースを必要とします。そのため、幅が広いという特性から薄くすることが出来ないことが考えられます。これが二重窓に出来ないことの一つ目ですね。

その次に考えられるのが、コストダウンということについて。二重窓はガラスを二枚取り付け点から、ガラスのコストは約2倍になります。そのため、二重窓の本体価格そのものが普通のガラスの二倍にはならずとも、それに近い金額がかかることは予想できるでしょう。つまり二つ目の出来ないことは、安価で購入をすることであると言えます。

そして最後に考えられる三つ目の出来ないこととしては、簡単に交換することが挙げられるでしょう。二重窓はその構造の特殊性から、普通のフロートガラスに比べて交換は非常に手間がかかります。フロートガラスならば素人でも交換ができる場合がありますが、これに関しては素材から交換技術にいたるまで全て専門業者でしか不可能です。結果として、これらの点が二重窓に出来ないことだということが結論としてあげることができました。